*

住宅ローンを5000万円以上借りる人は絶対に読んでください。(家づくりの話)

公開日: : 最終更新日:2017/04/05 新築 家作りの話

この記事の所要時間: 47

こんばんは。こがねむしです。

あなたは住宅ローンを新築するに当たって住宅ローンは組みますか?
私は住宅ローンを組まずに全額自己資金ですよ。。。。

 

と言ってみたいですが、無理ですね。むしろほぼ住宅ローンですね。

でも住宅ローンって超絶激安金利なので、いくらお金に余裕があっても限度額いっぱいに借りたほうが事業をしている人にとってはお得な気がしますね。

6000万円手持ちのお金を残しつつ、
住宅ローンを1%で借りることができたならば、
事業用で高い金利(2-3%とか?)でお金を借りる必要がなくなりますからね。

そんな私は6000万円借り入れ予定です。

ちょっと前まで平成25年くらいの居住開始の場合は住宅ローン減税限度額は

MAX2000万円(長期優良の場合は3000万円)までだったようですね。

そのときのほうが今日の話は使えた気がしますが、

平成29年12月までは 住宅ローン 借入金等の年末残高の限度額は4000万円
(長期優良の場合は5000万円)ということですね。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/063.htm << 国税庁の住宅ローン減税制度の概要説明ページ。

 

つまり昔はいくらローン残高が3000万円あっても、そのうち2000万円、(税額として20万円)までしか減税されなかったんですね。

今は長期優良住宅だと5000万円の残高まで減税してもらえます。

ということは年末ローン残高が5500万円だったら???? 55万円は減税してもらえないですね。

私のローン残高がいつ5000万円を切るのかは調べていませんが、とにかく、最初のうちは絶対に

5000万円以上の年末ローン残高があると思います。

5000万円以上ローン残高があっても最高50万円しか減税されません。悔しい。。。。。

私の友人は平成25年に居住を開始しました。 限度額は長期優良で3000万円でした。

でも借入金は5000万円です。 5000万円借りてても、30万円しか減税されません。

僕が今から書くこの情報を当たり前のようにその友人に話したら。。。。。その友人は青ざめていました。「知らなかった。損した。」と。

私が借りる方法。

妻と連帯債務にする。これです。

あなたが、もしかして平成25年に居住開始して、借入金が3000万円を大幅に超えるのに、

住宅減税限度額が3000万円(もしくは2000万円)までしか控除されなくて、

共働きなんていう人はいませんよね??そうだとすると。。。。。。残念なことだったかもしれません。

 

妻と連帯債務にするメリット。

一人で6000万借りる。>>年末時点で5000万円以上残高が残っていても、5000万円の1%50万円しか減税されない。

だけど、妻と二人で3000万円ずつ借りる。>>年末3000万円残っていたら、それぞれ30万円減税される。(合計60万円減税)>>お徳。

という話でした。


私は結局地元の第三銀行という地方銀行で借り入れしたのですが、

やっぱり金利はネット銀行などよりも高かったです。

今思えば住宅ローン一括審査申込を利用して一番安いところを選んで

借り入れするべきだったと後悔しています。

何でもかんでもネットで完結させる私としたことが、

なぜネット銀行にしなかったのだろう??

仕事の取引先の百五銀行に借りることを予定していたから、

ネット銀行という選択肢が頭から抜けていたんでしょうね。

ネット銀行で借りない理由が今となっては見つからないです。。。


と。横道にそれました。

もちろん妻との連帯債務にもデメリットがあります

妻が仕事を辞めて、納税額がゼロになった。>>減税も何もなくなる。夫が30万円減税されてそれで終了。損。

ということですから、注意が必要ですね。

また妻が死亡しても団体生命保険はおりません。(夫が死んだら全額おります。)

さきほどの友人は妻は公務員で働き続けることは100%確定していたし、納税額は絶対に30万円をずっと超えるだろう予想でしたので、

残念がっていました。。。これも知らなくて損をしたという話ですね。

でもこれって銀行の担当者がアドバイスをしてくれたらいいのにね。っていう話だけど。。。

でもそれを担当者のせいにするのは違いますよね。自分で調べなかったから得をしなかっただけだと私は思います。

みなさん。アンテナを張って。得をしましょうね。

スポンサードリンク↓


現在までの入金履歴

2015年3月ハピタス新規入会
2017年10月まで31ヶ月で合計で610500円入金されました。
 
記事が良かったら↓のいいねの文字をクリックしてくださいね
  • いいね (2)

関連記事

no image

大物家電の置き場所をチェックしてみた。洗濯機の振動や音に困ってる人への対策もあり。上棟後63日目の写真より(一条工務店家作りの話)

スポンサードリンク↓ こんばんは こがね むし です。 今日は 上棟後63日目の写真があ

記事を読む

no image

服部家具とファニチャードームに行って来ました。(家づくりの話)

    先日 家具を見に 服部家具とファニチャードームを見て

記事を読む

no image

一条工務店で新築すると、一条工務店から表札がもらえます。しかも専用サイトで選べる。(一条工務店家づくりの話)

こんばんは こがね むし です。 先日の打ち合わせで表札のパンフレットをもらいました。

記事を読む

no image

引越しの値段の適正価格を調べてみた。(節約の話)(家作りの話)

スポンサードリンク↓ こんばんは こがね 引越し むしです。 さてさて、 新築に絶

記事を読む

no image

生ゴミ処理機の電気代が一ヶ月でいくらか調べてみた。(家づくりの話)

スポンサードリンク↓ こんばんは。 こがね むし太郎です。 今まで、 生ゴミ処理

記事を読む

no image

着手承諾後、着工までは暇です。(一条工務店家作りの話)

  スポンサードリンク↓ こんばんは こがね むし です。 自分で自分の

記事を読む

no image

一条工務店のデメリット、最初に営業さんに言われたデメリット(引渡し日の話)(家づくりの話)

こんばんは。 こがねむしです。 さてさて、私は一条工務店にたいして、今のところなんの不

記事を読む

no image

一条工務店、住み始めて2ヶ月以上経ったあとに気づいた細かい残念ポイント(家づくりの話)

こんばんは こがね むし です。 先日妻がちょっと暗い声で、 「ちょっとちょっと これ見

記事を読む

no image

最近やたらと家関連のDMが来る。と思ったので理由を調べてみた。(一条工務店家作りの話。)

スポンサードリンク↓ こんばんは こがね DM むし です。 最近家に DMがたくさん送

記事を読む

no image

兄がマンションを買ったので見に行った。良さそうな物紹介。(家作りの話)

スポンサードリンク↓ こんばんは こがね むし です。 先日 兄が買ったというマンション

記事を読む

右サイドバートップ



amazonの全商品を7%オフで買う私の方法





  ↑から入ったら、損。


  こちらをみて入ったほうがもっとお得ですよね?

楽天リアルタイムランキング。

今楽天で売れているものがランキング形式でわかる。
なぜ売れているか?

それは激安だったり、

定番の人気商品だったりですね。

超お得品を見つけるために要チェックです。

楽天リアルタイムランキングを見るためにこちらをクリックする

こがねむしプロフィール


1974年生まれ。三重県在住。
趣味は節約、FX、PC、車などなど
常に意識していることは
世のため人のため
自分に何ができるか?
です。







Message

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

メールアドレスは適当でかまいません。

右サイドバートップ



amazonの全商品を7%オフで買う私の方法





  ↑から入ったら、損。


  こちらをみて入ったほうがもっとお得ですよね?

楽天リアルタイムランキング。

今楽天で売れているものがランキング形式でわかる。
なぜ売れているか?

それは激安だったり、

定番の人気商品だったりですね。

超お得品を見つけるために要チェックです。

楽天リアルタイムランキングを見るためにこちらをクリックする

こがねむしプロフィール


1974年生まれ。三重県在住。
趣味は節約、FX、PC、車などなど
常に意識していることは
世のため人のため
自分に何ができるか?
です。







no image
【コストコクレジットカード払い用】KDDI株式会社編【マスターカード】

【コストコクレジットカード払い用】株式会社青山キャピタル編【マスターカ

no image
【コストコクレジットカード払い用】株式会社クレディセゾン編【マスターカード】

【コストコクレジットカード払い用】株式会社青山キャピタル編【マスターカ

no image
【コストコクレジットカード払い用】きたぎんUC株式会社編【マスターカード】というかほかの系列UCカードもまとめる。

【コストコクレジットカード払い用】株式会社青山キャピタル編【マスターカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑